集客デザインについて

集客デザインはシンプルに課題解決をします。

この記事を読んでいる大部分の方々は、おそらく”集客”に関することで、多くの悩みや不安を抱えているのではないでしょうか。

”集客”はこれをしておけば、間違いない!絶対に大丈夫!

そのような原理や原則が存在しません。

だからこそ、集客とは、ある意味でとても”曖昧”な言葉だともいえます。

とはいえ、そのまま放置しておけないのが、集客で厄介なところ。

突然ですが、ここで一つ、お願いがあります。

朝起きた時、昼ごはんを食べている時、夜寝る時・・・

一日の生活のなかで、”一度”でも集客のことを考えた方は、この『集客デザイン』を、ぜひぜひ活用してみてください。

堅苦しいことは基本的には言うつもりはありません。

ただこのWebメディアでは、”本気”で集客のことを語っていきます。

いえいえ、語るどころではなく、『語り尽くしていきたい』と考えています。

集客デザインは、

  • 集客の仕組みを作りたい。
  • 集客ってそもそもなに?
  • 集客の問題はどうすれば解決できるの?
  • 多角的に集客の問題に取り組んでいきたい。などなど

こんな方にオススメです。

これを見れば分かると思いますが、読む人は限定しません。

集客の悩みを持っている方は、みなさん仲間だと思っています。

だから、大歓迎します。

集客デザインは、頭を柔らかくしてもらって、気楽に読んでもらえるものにしていきますよ。

集客の問題は、デザインすれば解決できる?

デザインといっても、アートのデザインではありませんよ。

ここで言うデザインとは、いま、あなたの目の前にある、バラバラで複雑な課題や問題群を、シンプルなカタチに視覚化したり、言語化したり、あるいは新たな視点を提示し、それを実現できるよう、具現化していくのです。

例えて言うなら、

糸が絡んで、ガチガチに結び目が固まってしまった。

あなたはその部分を解く必要に迫られたとしたら・・・あなたはどうしますか??

  • 無闇矢鱈に手を突っ込んでみる。
  • 隙間にシャーペンの先を入れてグイグイ引っ張る。
  • 力のある人に頼んでみる。
  • 手先の器用な人に頼んでみる。
  • あきらめる。

これ以外にも方法としてはいろいろとあります。

しかし、どんな手段を使っても、その結び目を解くことができない。

さてこんな時、問題になっていることは、小さな結び目を見過ぎてしまっていることです。

つまり「結び目を解く」と言うことに頭を使い過ぎて、他のことまで考えれなくなってしまっているのです。

デザインでは、ここに新たな視点を提示します。

  • そこってそもそも、解かないといけないところですか?
  • 糸の端と端を切っても問題ないのではないですか?

実はこのように考えてみることも可能です。

でも、絶対に糸は切れない!

そんな場合があります。

そう言う時には、結び目を解くための手段を、

  • ヒトによる方法と、モノによる方法とに2分割して、あらゆる手段をシンプルに図式化すしてみる。
  • 結び目を集中的にやるのではなくて、その両端をグルグルして攻めてみる。

このように、複雑から単純へシフトしたり、他の代替案を考え出したり、一見、複雑に見える問題を、解決できるようを提供するのです。

”集客”と言う複雑に見える問題も、実はデザインすれば、解決への糸口を見出すことだってできるのです。

集客の問題をシンプルに解決する方法をお教えます。

さて、集客デザインでは基本的に難しい表現は避けていくつもりです。

シンプルな言葉を使うことで、数多くの問題を抱える経営者様に対して、有益な情報を提供していくのです。

もともと集客の問題は、あまりにも多くの課題が絡まってしまい、どれが本質的な問題であるのかが分かりにくくなってしまう。そんなことから発生するケースが多いです。

そのため、集客デザインでは、難しい問題の解決に向けた“ヒント”を一つずつ記事として制作していくことによって、本格的な課題解決に向けた”手がかり”を皆様に提供することができるのです。

集客デザインは、名古屋のデザイン会社READinc.が主催となって運営しているWebメディアです。

READinc.はこれまで多くのクライアントの問題を解決してきました。そしてそのときに使用していたのが、「デザイン思考」です。

「デザイン思考」とは、デザイナーがクリエイティブを生み出すときに、使用する思考方法を、より汎用性の高いものとして活用できるように抽象したものです。

どれだけ複雑にみえる問題も、言語化することで“答え”は見つかるものです。

目の前に経営課題が大きく立ちはだかっていると、あたかも解決困難なものに感じてしまい、問題を先送りするしかないように思えるかもしれません。

ところが、どれほど錯綜と捻れた問題のようにみえても、コトバとして言語化する。一枚の絵で表現する。このように単純化する工夫を施してあげるだけで、見え方が大きく変わってきます。

デザイン会社=クリエイティブ分野の最大の強みといえば、複雑→複雑のままで提示するのではなく、複雑→シンプルへと変化させることで、経営者の皆様の前に、「課題」として提示することができる点です。

これまで目に見えていなかった課題だからこそ、解決不可能に見えていた。しかし、目にみえるシンプルな課題に還元して表現する。

このように”シンプル”こそ、集客デザインのモットーです。

より多くの経営者様の課題を解決へと導けるよう、集客デザインは、有益な情報を提供していくことをお約束します。