PassMarket(パスマーケット)とは?評判は?【←まとめて解説】

今回の記事はPassMarketでイベント開催を検討されている方に向けた記事になります。

イベント主催者
【相談内容01】PassMarketってどんなイマイチ分からない
【相談内容02】
PassMarketを利用するメリットを知りたい!
【相談内容03】
PassMarketの利用料金は?
【相談内容04】
PassMarketの評判を紹介してほしい!

という悩みや要望を解決していきますね。。

集客デザイン編集部
PassMarketはPeatixと同じイベント管理サービスです。「イベント開催したい!」そんな方はぜひとも覚えていただきたい優れたサービスですよ

PassMarketとは?


出典:PassMarket

PassMarketとは、Yahoo! JAPAPNが運営するチケットの販売プラットフォームです。

チケットといっても、紙のチケットではなくデジタル・電子チケットなので、主催者さんはスマホ一台さえあれば、発券から販売まで一括で行うことができます。

またPassMarketは大規模なイベントはもちろんですが、個人で開催する小規模なイベントにも利用できますよ。

どんなジャンルのイベントを開催してるの?

以下にPassMarketで開催されるイベントのジャンルをリスト化しておきますね。

  • セミナー
  • ライブ
  • ワークショップ・教室
  • 映画・舞台
  • グルメ・フェス
  • スポーツ
  • 本、ゲーム、アニメ
  • 展示・展覧会
  • 遊園地、テーマパーク

この他にもさまざまなイベントが開催されているので、基本的に皆さんが主催したいイベントはすべてPassMarketで告知することができますよ

PassMarketを利用するメリット

以下にて、PassMarketを利用することで、主催者さんにどんなメリットがあるのか、その点をお話していきますね。

■思い立ったらすぐにチケット発行が可能

■イベント告知・販売・売上管理などすべてこなせる

■強い集客力をもっている

それぞれ以下で説明していきますね。

事前登録と審査は一切不要!いつでもすぐにチケット発行が可能 

イベント主催者
イベントチケットを発行するまで、手続きとか事前登録とか、めんどくさい作業を極力やりたくない!

そんな方はPassMarketをぜひおすすめしたいと思います。

なぜなら、複雑な手続きは一切不要で、「チケットを作りたい!」と思った時に、すぐに発行できるからです。

もしYahoo!JAPAN IDをお持ちの方であれば、最短3分でチケット販売が可能になります。

告知から販売、管理までイベント開催を効率化できる

イベントを開催するには、チケットの販売だけでなく、告知や集客、管理、受付…とやるべき作業がたくさんあります。

それらをPassMarketは一気通貫に、すべてこなすことができます。

例えば、以下のようなイベント開催に必要な作業を効率化します。

○イベント告知ページの作成

○イベントチケット販売

○イベント集客

○SNS拡散

○アンケート調査

○イベント参加者の管理など

このように主催者目線の機能が豊富に揃っているのがPassMarketなのです。

イベント集客力強!SNSとの連動が成功の肝

現在PassMarketの登録者数はおおよそ400万人と言われています。

したがって、PassMarket内でイベントを告知した場合、事実上400万人の登録者にリーチすることができるともいえます。

そして、話題性やニーズをしっかりと押さえたイベントを開催し、TwitterやfacebookなどSNSでイベント情報を拡散させれば、高額な広告を使わなくても、お客さんを集客することができます。

PassMarketの料金

PassMarketの魅力の一つに利用するための料金が安いということが挙げられます。

■初期費用→0円

■固定費用→0円

■チケット購入者にかかる手数料→0円

このように基本的には全て無料でスタートすることができます。

イベントチケットの料金は無料?有料?

またチケット料金に関しても2つのスタイルがあり、

1.無料チケットイベント→0円

2.有料チケットイベント→決済手数料3.24%

どちらかを選ぶ形になります。

なお、決済手数料3.24%はイベント販売業界においても最安値と言われるほど激安です。

PassMarketの評判

それではPassMarketの評判を5つほど紹介していきましょう。

■評判01→「手数料が安い」

■評判02→「個人単位のイベント開催が可能」

■評判03→「集金・売上管理が楽」

■評判04→「名簿管理がしやすい」

■評判05→「チケット購入・利用が簡単」

それぞれの評判を以下にて解説していきましょう。

【評判01】決済手数料が安い!

上記の2つは安さに対する評判をピックアップしました。

やはり、無料イベント→完全無料、有料チケットイベント→決済手数料3.24というのがイベント主催者側からするとメリットになりますね。

なお、もしイベントにかかる費用をシュミレーションされたい方は、PassMarketの利用料金ページの真ん中あたりに、『チケット価格×チケット数』を打ち込めば、料金シュミレーションができるのでぜひ活用してみてください。

【評判02】個人でもイベント開催ができる

こちらの評判は、PassMarketを使えば、“個人でイベントを開ける”という点に魅力を感じておられるようです。

イベントといえば、個人事業主や中小企業、あるいは大企業のように会社が主催しないと開催できないと思われがちです。

でもPassMarketなら小規模人数のオフ会やお茶会など、個人ベースで開くイベントについてもチケットが販売・配布できるわけです。

【評判03】集金・売上などの管理が便利

こちらは、PassMarketの機能面における評判になります。

もしPassMarketを使わず、てずからチケットを売り出す際、集金だけでなく集金後の売上計算作業がとてもめんどくさいですよね。

しかしPassMarketを入金管理はもちろんのこと、売上状況や販売後の在庫を確認できるので管理がとても楽です。

【評判04】名簿をリスト化でき、管理がしやすい

こちらは“名簿管理”と“手数料”に関する評判ですね。

PassMarketなら、参加者の情報を自動的に取集して、『参加者一覧』としてダウンロードすることができます。

例えば以下の項目をリスト化できます。

○チケットID

○参加者名

○申込時間

○座席番号

○チケット価格

○受付状況

○受付時刻

顧客管理ができる点もPassMarketのメリットでしょう。

【評判05】チケット予約・利用がめちゃくちゃ簡単

ここで一つ、主催者ではなくイベント参加者側の評判もみて見ましょう。

なぜなら、イベントの集客を増やすためには、『チケット予約や利用が簡単にできる』というユーザー視点に立つことも大切だからです。

その点、PassMarketはスマホさえあればチケット購入もすぐにできますし、チケット提示・利用も購入したチケットのQRコードをスマホ画面に表示するだけなので、ものすごく簡単にできます。

ちなみにイベント参加者がPassMarketを使うメリットとして、

○購入手数料が0円

○購入したチケットをLINEやメールで友人に送れる

○スマホ1台でチケットの購入から入場までできる

○購入完了メール・PassMarketのトップページどちらからでも簡単にチケット表示可能

などが挙げられます。

まとめ

如何だったでしょうか?

PassMarketとは?
→チケット販売プラットフォーム

どんなジャンルのイベントを開催してるの?

PassMarketを利用するメリット
→事前登録と審査は一切不要!すぐにチケット発行が可能
→告知から販売、管理までイベント開催を効率化できる
→イベント集客力強!SNSとの連動が成功の肝

→ほとんどのジャンルのイベントを網羅的に開催!

PassMarketの評判は?
→評判その01:決済手数料が安い!
→評判その02:個人でもイベント開催ができる!
→評判その03:集金・売上などの管理が便利
→評判その04:名簿をリスト化でき、管理がしやすい
→評判その05:チケット予約・利用がめちゃくちゃ簡単

PassMarketの料金
→イベントチケットの料金は無料と有料があり!

集客デザイン編集部
PassMarketは圧倒的にコストを押さえてイベントを開催できます。そして、Yahoo! JAPANが手がけているということで、集客力・サービス力ともに高いです。イベント開催を検討されているかたはぜひとも活用してみてください。

合わせて読みたいチケット販売・管理サービスPeatix

Peatixとは?手数料は?【←評判のまとめあり】

2019年8月20日

合わせて読みたいチケット販売サービスイベントレジスト

イベントレジストとは?【評判もどど〜んと紹介!】

2019年8月28日




ABOUTこの記事をかいた人

集客デザインでは、明日から使える集客のアイデアを続々と発信しています。ターゲット業種は多種多様!飲食店、美容サロン、スクール、士業、クリニック、ショップなどなど。多くの経営者や集客担当の方々に益になる情報を執筆しています。 また掲載カテゴリーはSNS集客、ブログ集客、イベントセミナー集客、クーポン・アプリ集客、ホームページ集客、MEO対策、リピート集客を軸で書いています。