文賢ってどんなツール?文賢の評判も丸わかり記事!【特徴や価格もご紹介】

こんにちは、集客デザインです。

今回は、あの有名な松尾茂起さんが代表をつとめるウェブライダーが開発した文賢を紹介する記事をご用意しました。

相談者
松尾さんが文賢っていうツールを紹介していた。松尾さんの会社がつくったツールだから、役立つんだろうけど、具体的にはどんなことができるツールなのか知りたい。

こんな要望を持つ人に向けた記事になっています。

集客デザイン編集部

文賢は、文章作成アドバイスツールです。アドバイスって?と重れる方は、誤字脱字をチェックしてくれたり、文章の表現提案をしてくれたりと、文章作成作業の補助をしてくれると思ってください。この記事では”文賢ってこういうツールなんだよ”という部分をしっかりと伝えていきますね。

文賢とは?

文賢とは、株式会社ウェブライダーがサービスを提供している文章作成アドバイスツールです。

個人日記や個人ブログ、TwitterやFacebookなどのSNSなどで日常でよく文章を書く人。

あるいは、Webサイトや提案書、行政への申請書、メール等仕事で文章を書く人。

こういった方は文章を書く頻度は多いけれど、なかなか自分の文章を客観的な視点から評価する習慣がありませんよね。

文賢は100を超える視点から、皆さんが書いた文章が「読みやすいか、わかりやすいのか」を検証してくれ、さまざまな視点からアドバイスをもらうことができます。

なので自分の文章ってうまいのか?と心配な方から、もっと文章力を上げたい人まで『文章に携わる人すべて』の味方なのが文賢なのです。

企業や編集者も文賢を導入!

文賢は文章レベルを上げたい個人だけでなく、企業や編集者も利用しています。

企業に関してはそれこそ、皆さんが聞いたことあるような大企業も導入しています。

結論!値段以上の価値があるツール

文賢は、正直ちょっと価格的に高いです。(記事の後半で詳しい値段のお話はしています)

ざっくりと金額感だけ伝えておくと、初期費用がだいたい1万円で、月額が2000円です。

どうですか?結構、負担大きいですよね。

しかしながら、以下を達成したい人には”値段以上の価値”はあります。

■文章能力をアップさせて、ブロガーとしてワンランク上を目指したい

■記事チェック・校正作業を効率化させて、時間短縮をしたい

その理由を、これ以降の記事を読み、理解をしていただければと思います。

文賢の特徴を解明します

悩んでいる人
文賢ってどんな特徴があるのか詳しく知りたいな〜

こんな悩みを抱えている人へ。文献は文章作成アドバイスツールですが、具体的には以下のような特徴をもっています。

読みやすい文章か、客観的にチェックしてくれる

文賢には推敲支援という機能があります。

推敲とは文章を何度も見直し、修正を加え、作り直しを繰り返すことです。

推敲を続ければ、分かりやすさ・読みやすさに磨きがかかって、文章をより良くできます。

文賢には推敲のチェック項目がすでに指定されており、文章を入力するだけで推敲作業を行ってくれます。

推敲のチェック項目は以下のようなものです。

推敲のチェック項目

・接続詞が論理的な展開をしているか。

・「それ」や「あれ」など具体的に示したほうがいい指示語がないか。

・「することができる」など冗長な表現を使用していないか

・「です、ます」の文末表現を連続使用していないか

・「できないこともない」等二重否定表現がないか

・一文の読点が適正な数か

・漢字あるいはひらがなで書くほうがいい言葉はあるか

・句点や記号のあとに改行があるか

想定利用者が幅広い

文賢を利用できるのは、

・Web担当者

・ライター

・編集者

といった文章を書くのを本業としている人から

・経営者

・広告運用者

・広報

・人事

・営業

本業ではないけれど、仕事で文章を書く機会が多い人まで。

対象としているユーザーが多いです。

そのため、文章を書く人全員が使えるよう、機能もかなり豊富に搭載されています。

誤字脱字を発見してくれる

文章は誰かに習うという経験は少ないです。

どちらかというと、書いて書いて独学的に身につきます。

だから知らないうちに良くないクセみたいなのがつきがちです。

校閲は間違った表現がないか、文に誤字がないか、不備がないか点を調べます。

文賢は客観的に文章を読んでくれて、

表記の揺れがないか

誤字脱字がないか

不適切表現がないか

と幅広くチェックする校閲支援もしてくれます。

具体的なアドバイスがもらえる

校閲支援だけで終わっていては、具体的なアクションが起こせません。

校閲なら「具体的にどう修正すればいいのか?」をチェックリスト形式でアドバイスしてくれます。

■「主語」と「述語」の距離は近いか?

■結論を最初に書く文章になっているか。

■文章が羅列されていないか(箇条書きで整理する箇所はないか)

■長い修飾語は「前」に短い修飾語は「後」に書いてあるか。

上記のようなチェックリストが目視でチェックする際に使えるチェックリストです。

クラウドツールだからいつでも使える

クラウドツールなので汎用性がめちゃくちゃ使い勝手がいいです。

ユーザーライセンスさえ購入してしまえば、ネット環境あるところならどこでも使えます。

 

文賢ってどんな人が使うべき?

悩んでいる人
文献の特徴はわかったんだけど、文献ってどんな人が使ったほうがいいのか具体的に知りたい?

このような方向けに、文献を利用したほうがいい人をピックアップします。

文献はこんな人におすすめ

・文章に自信がない人

・文章表現にもっと磨きをかけたい人

・文章を客観的に評価してほしい人

・仕事で書く文章の精度を上げたい人

・いまいち自分の文章に納得できていない人

・ライターさんの文章をチェックすることが多く、時間を奪われている人

・ブロガーやコラムニストなど文章書きを生業にしている人

・TwitterやFacebookなどのソーシャルネットワークに文章を投稿する人

このように文章力をもっとアップさせたい人は、ぜひ使ったほうがいいです。

文賢を使えばどんな効果が出る?具体的に何ができるようになる?

この章では、文献を導入すると具体的にどんな効果・利益が得られるかを説明します。

文章のレベルがアップ<読まれる文章に変化!>

読まれる文章にするには、「事実だけを的確に伝えるシンプルな文」を書く必要があります。

なぜなら、だれが読んでもわかりやすい文章→これが読まれる文章だからです。

文賢は助長な文や文字数が多い文はしっかりと指摘してくれます。

改善点をひとつずつ見直し、書き直しを繰り替えすことで、誰が読んでもわかりやすい文を書けるようになり、結果的に、文章力のレベルアップがはかれます。

正しい文章がかけるようになる

文章を習らわず独学で書く技術を身につけた人は、自分勝手な書き方をしがちになってる人が多いです。

しかし文賢は、や同じ語尾を繰り返す文章など読みにくい文章を見つけ、アドバイスまでくれます。

また、誤字脱字をふくめてあやまりがないかまでチェックしてくれます。

自分が書いた文章をフィードバックしてくれて、それを修正していくことで、確実に正しい文章がかけるようになります。

正しい文章がかけるようになれば、その先にある「自分らしい文章を書く」にもつながってきますよ。

文賢の価格・費用はいくら?

悩んでいる人
文賢が便利で多機能だってことはわかったけど、実際の価格・値段はどれくらいかかるの?

どれだけ便利なツールでも、気になるのは、その価格と費用。

結論、文賢は初期費用が高く、月額費用はまあ安いかな?っていうレベルです。

文賢の価格・費用を表でまとめたよ【初期費用・月額費用丸わかり】

  初期費用 月額費用(1ライセンスあたり)
スタンダードプラン 10,800(税抜)  1,980円(税抜)
まとめ買い5ライセンス 10,800円(税抜) 1,881円(税抜)
まとめ買い15ライセンスプラン 10,800円(税抜) 1,782円(税抜) 
まとめ買い30ライセンスプラン 10,80円(税抜) 1,683円(税抜)

つまりスタンダードプランなら、

初期費用が10,800円+税1080円=11,880円

月額費用が1,980円+税980円=2960円

となるので税込で

導入月→14,840円

それ以降月額→2960円

を支払っていくことになります。

月額的には2,000円と少々高いですが、誤字脱字チェックや読みやすさチェックで、チェック作業を効率化できて、プラス、文章能力をワンランク上にアップできる点を踏まえれば、コスパはいいです。

また効率があがる=記事作成のスピードがあがるわけなので、記事の作成本数も増える点もメリットです。

支払い方法は?

こちらは結論、

クレジットカード決済(PayPal)

銀行口座

の2択です。

なお銀行振込を選択された場合は、半年・180日単位の契約になります。

文賢の評判を徹底検証!評判7選!

それでは文賢の評判を厳選して7選でお届けしますね。

ライター初心者におすすめ

文賢は圧倒的に、ライター初心者や文章能力に自信がない人におすすめです。

なぜなら、文章内のどこかがどう間違っており、具体的にどう改善すればよい文章になるかまで提案してくれるからです。

時短に繋がる

文賢は誤字脱字チェック作業を、ツールが秒単位で行ってくれます。

人的なら数十分かかっていたのに、、です。

つまりはあきらかな時短につながりますよね。

読み上げ機能が便利!

読み上げ機能とは、読んで字のごとく、文章を音声つきで読み上げてくれる機能です。

目視のテキストチェックだけでは、わからなかった誤りを発見できます。

文章の表現力もアップする

文章を客観的に評価して、改善策や使える表現の提案してくれる。

そうすると当然ながら、文章の表現力が豊かになっていきます。

基本的な文法が身に付く!

文章って習うというよりは、何度も書いていくうちに独学で覚えていくものです。

だからこそ、変な癖みたいなのがあります。

文章は基本的な文法で間違っている箇所は修正の提案してくれます。

なのでこれまで間違って覚えていた文法の誤りを見直し、しっかり改善することができます。

初期費用が高い←お金持ってる人なら

個人的に文賢のデメリットは、この費用が高いという点。

ある程度資金に余裕がある人にとっては導入ハードルは低いですが、資金に乏しい人はちょっと迷っちゃいますよね。




ABOUTこの記事をかいた人

集客デザインでは、明日から使える集客のアイデアを続々と発信しています。ターゲット業種は多種多様!飲食店、美容サロン、スクール、士業、クリニック、ショップなどなど。多くの経営者や集客担当の方々に益になる情報を執筆しています。 また掲載カテゴリーはSNS集客、ブログ集客、イベントセミナー集客、クーポン・アプリ集客、ホームページ集客、MEO対策、リピート集客を軸で書いています。