アプスタを徹底的に解説します!【導入実績、料金など内容てんこ盛り】

こんにちは集客デザインです。

今回は店舗アプリ“アプスタ”というサービスを知らない方、またはアプスタを詳しく知りたい方向けの記事になっています。なお、、、

相談者
【相談内容01】アプスタってそもそもどんなサービスなの?詳しく教えて欲しい!
【相談内容02】アプスタの導入実績数はどれくらいなの?あと料金とか機能のことも知りたいな〜

という悩みや要望を解決する記事になっています。

集客デザイン編集部
アプスタは店舗アプリのなかでも特に『低価格』でありながら、機能も充実しているので色々な集客施策を実施することができます。今よりも売上をあげたい!集客をアップさせたい!そんな方はこの機会に導入を検討するのもありでしょう!

アプスタとは?


出典:アプスタ

アプスタとは、ドリームネッツ社が提供している販促・集客アプリ作成ツールです。

これといった専門知識は不要で、ブログ感覚でテキストや画像の投稿が可能なので、初心者の方でも直感的にアプリを操作できます。

店舗ごとに柔軟なカスタマイズができるため、みなさんの業種に合わせたオリジナルアプリをつくれます。

なお、アプスタには、店舗アプリを運用するのに必要とされる『基本機能』は全部搭載されています。

アプスタの導入実績は1000社以上!

相談者
集客・販促アプリって世の中に結構な種類あるよね?そのなかでアプスタは人気あるほうなの?

アプスタは“1000社以上”という導入実績があるので、人気は集客・販促アプリのなかでもかなり高いです。

なお、アプスタを導入している業種は、以下のジャンルがあります。

■飲食店

■美容サロン

■セレクトショップ

■中古車販売・自動車整備

■小売店

■映画感

■パチンコ

■不動産などなど

アプスタは現在も、着実に導入実績を伸ばしているので、今後もさらに実績数・ジャンルともに増加していくことでしょう。

アプスタは小規模店舗・個人店舗向け!

アプスタは、アプリ開発に予算が割けない企業に、ぜひ導入をおすすめしたいです。

なぜなら、アプスタの特徴は、とにかく『低コスト』でアプリを作成することができるからです。

さて皆さんはアプリ開発でこんな常識があることをご存知でしょうか?

『オリジナルのアプリを開発・制作しようとすると、値段は何百万から高くて1千万近く費用が必要になってくる…』

そんななか、アプスタは初期導入の際、『初期費用』と『月額費用』を合わせても、ほぼ10万を超えるくらいで制作できます。

そのため、もし『オリジナルスマホアプリを低価格で作成したい!』そんな店舗様にはアプスタをおすすめしているのです。

アプスタの料金は?

相談者
アプスタを利用する時の料金を教えて欲しいな〜

アプスタの料金で必要なのは、基本的に以下の2つです。

■初期費用

■月額費用

そして、アプスタには『バリュープラン』『エンタープライズプラン』の2プランがあります。

それぞれ解説してきましょう。

【アプスタプランその1】バリュープラン

バリュープランの対象は『個人店(1店舗)~本部運営の複数店舗向け』プランになります。

なお、バリュープランの特徴は以下の通りです。

■初期費用:¥100,000

■月額費用:¥29,000

■ダウンロード数上限:無制限

■サーバー環境:専用サーバー

バリュープランはもっとも人気のあるプランで、「アプリの起動人数・閲覧数」「お知らせの開封人数」などの分析機能が豊富に使用でき、カスタマイズも可能です。

【アプスタプランその2】エンタープライズプラン

エンタープライズプランの対象は『チェーン店向け・複数店舗の運営向け』プランになります。

なお、エンタープライズプランの特徴は以下の通りです。

■初期費用:¥100,000

■月額費用:¥50,000~

■ダウンロード数上限:無制限

■サーバー環境:専用サーバー

エンタープライズプランには、『多店舗機能』というものがあり、”1アプリ”でチェーン店など複数店舗の情報を、運用管理することできます。

つまり、例えば『1アプリ』さえあれば、店舗ごとの新着情報やクーポン情報などを配信ができるので、運用面がラクになるということです。

アプスタではこんなことができます!【厳選3つ】

相談者
アプスタを取り入れることで、いったいどんなことができるのか?具体的に教えて欲しいな!

続いて、アプスタを導入すればどんなことができるのかをまとめておきます。

■顧客情報をアプリ管理画面で一元管理できます!

■ECサイトをアプリ化することができます!

■お客さんが少ない時でも、集客施策がうてる!

それでは以下で詳しく確認していきましょう。

顧客情報をアプリ管理画面で一元管理できます!

ユーザーがアプリ内で個人情報を入力し、会員登録することによって、アプリ運用者の管理画面内で『顧客情報』を一元管理することができます。

そして、管理画面では、アプリユーザーの行動履歴の閲覧も可能なので、情報発信するときにもお客さんのニーズにマッチした内容を届けられます。

またチェーン店の場合、これまで各店舗がおのおの管理していた会員情報を、アプリ内で一括集約することも可能です。

ECサイトをアプリ化することができます!

現在ECサイトを運用している方なら、アプスタを使えば、そのECサイトをアプリ化することができます。

そうすることで、アプリ内から『ECサイト』に流入させられるように、導線を作りあげ、商品の購買率を高めることが可能です。 

アプリであれば、プッシュ通知で「新着情報」や「クーポン情報」、「セール情報」を送ることもできるので、ECサイトに誘導する数を増やすことができます。

お客さんが少ない時でも、集客施策がうてる!

サービス業は基本的に、平日や雨の日ともなると、客足が遠のくことがありますよね。

そんなときアプスタの『お得なクーポン発行』、加えて『プッシュ通知』を同時に実施することで、客数が少ない日にもしっかりとした集客施策が実施できます。

配信するときには、顧客情報で集めた年代、性別、地域などをうまく活用し、最適化した情報発信が可能になります。

アプスタに搭載されている機能

相談者
集客・販促を促進するために、アプスタってどんな機能が搭載されているの?

それでは、この章にて、アプスタに搭載されている機能について、詳しく解説していこうと思います。

代表的な「クーポン機能」や「プッシュ通知機能」はもちろんですが、そのほかに、来店促進や分析、エンゲージメント向上につながる機能にも触れていきますね。

以下のものを順番に説明していきますね。

■クーポン機能

■コメント機能

■お客さんと直接コミュニケーション

■リマインダー通知機能

■スタンプカード機能

■セグメント配信機能

■プッシュ通知機能

■フォトギャラリー機能

それでは早速、説明していきますね。

クーポン機能

クーポン機能の特徴は、お得なクーポンを配信することにより、一度お店に来店したお客さんに対して、再来店のきっかけをつくれます。

そして、クーポンは「獲得した人だけが割引が受けられる」という特別感も演出することができます。

アプスタのクーポンでは、利用期間が設定すると『時限式クーポン』や、誕生日に自動的に配信される『バースデークーポン』もあります。

コミュニケーション機能

アプスタでは、店舗とユーザーとが1対1でメッセージをやりとりする機能があります。

相互に直接のコミュニケーションを取ることで、店舗とユーザーとの関係性がグッと縮まり、その結果、エンゲージメントが向上することになります。

リマインダー通知機能

リマインダー通知機能とは、予定通知機能のことです。

皆さんもカレンダーをPCやスマホと連動させていると、「〇〇時打ち合わせ」など自分で立てた予定が、登録した時間帯の何時間・何十分前になると、デスクトップやロック画面に表示できますよね。

アプスタのリマインダー通知昨日は、店舗の業種によって、次回お客さんが購買行動を取るタイミングで、店舗の案内やお得なクーポンを自動配信します。

例えば、美容院の場合、だいたい1ヶ月〜3ヶ月ほどのペースで美容院に通うことが多いので、そのくらいの時期にリマインダー通知として、お得なクーポンを配信することができます。

スタンプカード機能

スタンプカード機能を取り入れることで、アプリユーザーの店舗アプリ利用を促進します。

スタンプカード機能には以下の4つがあります。

■起動スタンプ…アプリユーザーが店舗アプリを起動したタイミングでスタンプ付与

■シェアスタンプ…アプリユーザーがSNSで情報をシェアした際にスタンプ付与

■インストールスタンプ…店舗アプリを初ダウンロード・初起動した時にスタンプ付与

■来店スタンプ…店舗に来店した時にスタンプ付与

上記のスタンプを積み上げていき、30個スタンプが貯まると、『スタンプチケット』という割引等に使えるチケットが発行されます。

セグメント配信機能

セグメント配信機能とは、ユーザーの『年齢』や『性別』『地域』を絞って、お店から配信するクーポンやニュースを送ることができます。

店舗毎にメインターゲットを定めて、セグメント配信することで、年齢や性別などの区別をせずに配信するよりも、反応率は格段に上がります。

なぜなら、『20代男性向け』、『都心か郊外か』などでセグメントし、その属性にマッチしたクーポンや情報を配信したほうがいいからです。

プッシュ通知機能

プッシュ通知はアプリ集客を成功させるのに、欠かせない機能です。なぜなら、クーポンやお知らせの開封率が格段にアップするからです。

さらにプッシュ通知で伝える情報は、ほとんどが『タイムリーな内容』。

そのため、例えば、届けた情報が“セールス”や“期間限定クーポン”だった場合、スピーディーにお客様の元に情報を届けることで、開封率だけでなく、反応率も同時に高めることができます。 

フォトギャラリー機能

フォトギャラリー機能は、店舗ごとの写真をリスト化させて、アプリ内に表示させることができます。

写真はカテゴリごとに区別でき、写真付きメニューも簡単に設定することが可能です。

アプスタの導入事例!

相談者
アプスタを導入している企業の事例を教えて!

ここからはアプスタを導入した企業事例について、説明を加えつつ解説していこうと思います。

なお、以下の事例は公式HPに紹介されている内容を、こちらでいくつかピックアップしてご紹介していきますね。

アプスタ事例01:「車検リマインダー」で再来店を促す

車検代行・自動車整備・中古車販売をメイン事業としているオートファイルグループさんは、アプスタのエンタープライズプランに加入して、「車検リマインダー」を追加しました。

車検リマインダーとは、お客様の車検日を忘れないように、アプリを通じて、自動に車検のお知らせ通知や、クーポン発行等を配信する機能。

これによって、『車検日』というベストなタイミングにリマインド=再確認し、再来店の促進に成功しました。

アプスタ事例02:記念日クーポンで集客を促進

ベーカリーレストランであるサンマルクさんの場合は、誕生日や結婚記念日など大切な記念日が近づくと、店舗からささやかなお祝いのクーポンが配信されます。

またアプリ内で近隣店舗を選択し登録することができるので、全国各地で営業するサンマルク各店舗の記念日クーポンを受け取ることができます。

記念日クーポンで予約したお客様には対しては、『もう一度来たくなる!』そう思ってもらえるような特別な演出を用意してお出迎えしているそうです。

アプスタ事例03:クーポン配布+プッシュ通知でリアルタイムの集客を狙う

中国地方を中心にチェーン店を展開する『とんこつ鶏ガラ醤油 ばり馬』さん。

期間限定クーポンや特別イベント等のクーポンを配信し、プッシュ通知機能を利用することで、ユーザーの目に触れやすい位置に表示させることができます。

またアプリ内で、近隣の店舗を検索することが可能なため、クーポンを見つけたユーザーが、リアルタイムに店舗へ訪れやすくなります。

まとめ

如何だったでしょうか?

今回は、アプスタのサービス概要から利用料金、機能紹介などを解説してきました。

・アプスタとは?

・アプスタの導入実績は1000社以上!
→アプスタは小規模店舗・個人店舗向け!

・アプスタの料金は?
→バリュープラン
→エンタープライズプラン

・アプスタではこんなことができます!【厳選3つ】
→顧客情報をアプリ管理画面で一元管理できます!
→ECサイトをアプリ化することができます!
→お客さんが少ない時でも、集客施策がうてる!

・アプスタに搭載されている機能
→クーポン機能
→コミュニケーション機能
→リマインダー通知機能
→スタンプカード機能
→セグメント配信機能
→プッシュ通知機能
→フォトギャラリー機能

・アプスタの導入事例!
→事例01:「車検リマインダー」で再来店を促す
→事例02:記念日クーポンで集客を促進
→事例03:クーポン配布+プッシュ通知でリアルタイム集客を狙う

集客デザイン編集部
アプスタは低価格で、集客・販促活動を活性化させることができます。もし売上や集客に伸び悩んでいる企業様は、ぜひ導入を検討してみるのもいいと思いますよ。




ABOUTこの記事をかいた人

集客デザインでは、明日から使える集客のアイデアを続々と発信しています。ターゲット業種は多種多様!飲食店、美容サロン、スクール、士業、クリニック、ショップなどなど。多くの経営者や集客担当の方々に益になる情報を執筆しています。 また掲載カテゴリーはSNS集客、ブログ集客、イベントセミナー集客、クーポン・アプリ集客、ホームページ集客、MEO対策、リピート集客を軸で書いています。