【Webの基本】「高額」なホームページ制作会社←オススメする理由、解説します。

こんにちは。集客デザインの編集部、ライター高橋です。

この記事は、安い値段でホームページ制作を依頼しようと考えている方、売上をあげる目的でホームページを検討している方、制作会社に騙されたくない方、にぜひ読んでいただきたいです。

最初に断っておきます。
記事全体を通じて『安さを売りにするホームページ制作会社は良くない』と書いています。でも、すべての制作会社が悪いと言うつもりはありません。

ただ、わたしが経営者の方々からお伺いした話で、「安いホームページ」を選んだ方のほうが、「後からものすごいトラブルになった」割合が高い。そんな理由をもとに書いています。

余談になりますが、制作会社に騙された話を聞いたとき、「ほんとホームページ制作会社って怖いな〜」って、わたし自身働いている業界に、恐怖と疑問の両方を抱きました。

ホームページ制作を検討されている方は、失敗しないためにもこの記事を参考にしてもらえたら嬉しいです。

ホームページ制作は絶対に専門家に任せたほうが良い。

最初からこういわれると、ものすごく広告臭い気がするかもしれませんが、順を追って理由を説明していきますね。

まず個人的に、ホームページを安く作る。→売上がアップできる。みたいな営業の話は絶対に信じない方が良いです。もしそうなら、誰だって安いホームページに飛びつきますよね。

「費用対効果抜群!安いホームページを作るなら〇〇」

わたしはネット上でこんなキャッチャーコピーをみるたびに、悲しくなります。

偉そうですが、これに騙されちゃう人いるんだろうなーって、そう思っちゃうからです。

あなたはこんな言葉に騙されたことはありませんか?

「ホームページ制作会社に騙された」という人に限って、言い方は悪いですが、売り言葉をそのまま鵜呑みにしてしまう人が多いです。

・「安く効果の出るホームページ、簡単に作れちゃいます」
・「初期費用0円プラン」
・「月額費用1万円で効果のあるホームページ作ります」

これ、絶対に裏があります。例えば、こんな話、色々と聞きました。

  • 「作ったけど全く効果が出ない、、、」
  • 「契約書に知らない項目があって後にトラブルになった。」
  • 「リース契約に縛られて他の制作会社に変えれない。」
  • 「最初は安かったけどドメイン費とサーバー費でお金がものすごくかかった。」
  • 「オリジナルデザインって聞いてたのに、蓋を開けたらテンプレートだった。」

携帯会社と一緒で、なんかよく分からないこと言ってるけど、安く済むんならいいや。そんな風に契約してしまうと、あとあと後悔することになります。

結果の出るホームページ=安く作っていてはダメです。

これって考えてみれば普通のことですよね。

一般的にホームページは、

・時間的な工数
・専門職の人件費(ディレクターやデザイナー等)
・サーバードメイン管理費
・画像や動画の素材。

諸々かなりかかります。

さらにオリジナルでイチから制作するとなると、企画、サイト設計、リソース確保。値段のかかることがどんどん増えてきます。←総額としては50万ほどかならず発生します。(少なく見積もってです。)

だからこれ以下の価格設定をするために、自分を切り売りする。テンプレートを使い回す。総額を分割して見せ方を工夫する。こんな手を使います。これをしないと会社は回っていきません。

じゃあ、どうしてそれを隠してまで「安く作ります」と言うのか。それは、高い金額を前面に出してしまうと、ホームページを買ってくれなくなるからです。

だから、『安い!月額〇〇』みたいな見せ方で、ホームページを売るためのコピーに変えているんですね。

無料・安いホームページ=ほぼテンプレートと考えていい。

個人的な意見ですが、「安く作れます」と全面に出す会社は、「わたしたちイチから作る気がありません」って言ってるようなものです。

会社によって違うかもしれませんが、無料や安すぎるホームページはほぼ「テンプレート」と考えていいです。あるいは、オリジナルに見えるようにテンプレートのデザインをちょっとアレンジしてるだけです。

「ホームページがただ欲しい」って方にはおすすめできますが、「ホームページで売上をあげたい」って方はテンプレートではダメです。

県内に5社ほど。結果を出すホームページ制作会社はこれくらいです。

全国には何百というホームページ制作会社があります。

でも一つの県に「結果」を出すホームページ制作会社はごく一握りです。

ここだけの話、「県内でホームページ制作会社を探している」そんな方は、効果ありの制作会社は、県に5社くらいしかいない。そう考えた方が良いと思います。(もちろん、大都市はレベルが高いのでもっと存在しています。)

ただ考え方を変えれば、ホームぺージを成功させるなら5社のなかで選べばいいってことです。

とはいえ、どこも100万以上は予算がかかるってことは念頭に置いておいてください。

高い費用のホームページ制作会社を選ぶメリット。

費用が高額の制作会社を選ぶメリットはたくさんありますが、以下のものがメインです。

メリット01:多くのプロフェッショナルを抱えている可能性が高い。

高スキルのデザイナーやプログラマー、ディレクター、Webマーケッター。豊富な人材を抱えている会社は、その分、一案件ごとにかかる人件費も高くなってきます。

裏を返せば、高い費用のホームページ制作会社のほうが、「専門家」が多い可能性があるということです。

メリット02:コンセプト設計から戦略まで一貫して考えてくれる。

Webやマーケティングの知識がない、、、という方は、メリットのある話ではないでしょうか。

「ホームぺージのコンセプトは何が良いか。」「どのキーワードを攻めていけばいいのか。」「業界内の動向はどうなっているか。」「どのように経営課題と向きあっていくか。」

費用の高いホームページ制作会社はこんな深い部分まで、一緒に考えてくれます。

メリット03:投資対効果に責任を持ってくれる。

安い制作会社は、比較的、投資対効果に責任を持たないことが多いです。なかには「売ったら終わり」そんな姿勢の制作会社もあるって聞きました。

その点、高い費用のホームページ制作会社の場合、作った後の戦略も含めて考えてくれます。もちろんその後の運用もしっかりアドバイスしてくれます。

100万円以上の制作物ですので、「投資対効果を最大化」する責任も、安いホームページ制作会社以上にあることでしょう。

高いホームページ制作会社の選び方の基準ってなに?

結論からいうと、GoogleとかYahoo!の検索順位が高い会社から選ぶ、という選択がもっとも分かりやすいかな?って思います。

これは絶対に効果があるとは言いません。ただ、検索順位の高い制作会社から選ぶほうが、専門的な知識がない人にとって正しいアプローチ方法だと思います。

検索順位の高い会社は、それだけ上位表示されるレベルの対策方法を知っているからです。つまり、他の制作会社に比べ、知識があるということですね。

一般的に検索順位で上位にいる会社は、

  • 上位表示させたいキーワードを明確に対策している。
  • サイト内のコンテンツや情報が豊富にある。
  • ホームページの構造(サイトの深い部分)の知識がある。
  • サイト外への対策もしっかりと行えている。

こういった特徴があります。

反対に言えば、高い制作会社は、あなたのサイトを制作するときも、上記であげた対策もしっかりとしてくれるはずです。

高いホームページは、特に個人事業主や中小企業におすすめです。

大企業になると、地名度があるので、検索で上位表示されてなくても結果は出ます。ユーザーの大半は検索エンジンでは、指名検索してくれるでしょうから。

ところが個人事業主や中小企業、起業しようとしている方は、そもそも知名度がないです。そのため、検索結果の上位になければユーザーにサービスを知ってもらうことができません。(結果的に、売上には繋がりません。)

”売上”を目的にホームページ制作を検討している。そんな方はぜひ上位表示への対策をする制作会社に任せたほうがいいです。

高い費用の制作会社なら、その点を考慮に入れて戦略を立ててくれるはずですし、相談すれば親身に聞いてくれます。

また、Web広告の運用に精通している会社を選べば、なおのこと、利益に繋がりやすいでしょう。

ホームページで150万〜300万の金額を提示してくる会社はかなり優良。

このくらいの金額を提示する会社は、自社の知識や技術にかなり自信を持っている会社といって良いです。

この話が怪しいと思うようでしたら、一度、“安い会社”と“高い会社”とで相見積もりをかけて比較してみてください。そうすれば対応の違いを感じるはずです。

「高額の投資に対する効果が不安だよ」という方は、メールや電話でお問い合わせする時に、詳しく聞いてみる。それも一つの手です。

まとめ:とはいえ、あなたの目的次第で事情は変わってきます。

最後に。この記事は、「売上を上げる目的」でホームページ制作を検討している方向けに書いています。

「会社紹介くらいにしかホームページは利用しない。」「予算がないから今のところ難しいかな。」そんな方は、わざわざ高い費用をかけてホームページを作る必要はありません。

でも『安さを売りにする悪徳業者』が世の中にはいると覚えておいてください。騙されないためには、たくさんの会社に話を聞いてください。それがもっとも失敗を避ける方法です。

ありがとうございました。

 




ABOUTこの記事をかいた人

集客デザインでは、明日から使える集客のアイデアを続々と発信しています。ターゲット業種は多種多様!飲食店、美容サロン、スクール、士業、クリニック、ショップなどなど。多くの経営者や集客担当の方々に益になる情報を執筆しています。 また掲載カテゴリーはSNS集客、ブログ集客、イベントセミナー集客、クーポン・アプリ集客、ホームページ集客、MEO対策、リピート集客を軸で書いています。