評判!ヘテムルの使い勝手は?機能は?価格は?まとめ

こんにちは、集客デザインです。

今回はレンタルサーバー“ヘムテル”を解説する記事をご用意しました。

相談者
レンタルサーバーを調べているなかでヘテムルを知りました。ヘテムルってどんなサーバーなのかな?

こういった悩みや要望を解決する記事になっています。

集客デザイン編集部
この記事はヘテムルの基礎知識ががっつりと学べます。ヘテムルの評判を中心に、値段や機能について知りたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事で想定する読者↓

・今現在進行形でレンタルサーバーを探している

・ヘテムルが世間的にどんな評価を受けているサーバーなのかを知りたい

こんな方に向けたコンテンツになっています。

ヘテムルの評判

相談者
ヘテムルって世間的にはどう評価されているの?

こんな悩みをもっている方へ。

以下にてツイッターで調査したヘテムルの評判をまとめてお伝えしますね。

バランスのとれたレンタルサーバー

ヘテムルは、これといって突出したものがあるわけではありません。

値段も激安とまではいきませんし、速度や安定度がずば抜けて良いわけでもありません。

でもそれぞれがその辺にあるサーバーよりも『良い』レベルに達しています。

速度は早い

ヘテムルはオールSSDです。

そのため、表示スピードに関しては問題ないでしょう。

個人用サイトに最適!

ヘテムルがなぜ個人サイトにおすすめなのかというと、結論、値段的にお値打ちだからです。

月額は一番安くて800円です。(ベーシックプラン+36ヶ月)

認知度の高いレンタルサーバー

上記の評判は『グーグルトレンド』が調査対象です。

ロリポップやエックスサーバーはやはり認知度が高いんですね。

使いやすいレンタルサーバー

ヘテムルのメリット6つを紹介!

それでは以下にてヘテムルのメリットをまとめておきましょう。

■オールSSDを採用

■競合レンタルサーバー会社に比べて料金が安い!

■圧倒的な高速処理モジュール版PHP採用

■サーバの稼働率が99%

■マルチドメイン無制限

■独自SSLが無料で対応

以下にてそれぞれメリットをご紹介していきますね。

オールSSDを採用

SSDとはサーバー内のデータを保存・記憶しておく装置のことです。

これまでは記憶装置としてHDDが主流でしたが、SSDはそれに比べて圧倒的に読み込みスピードが早いです。

なぜなら、データの読み取りと書き込みに光学式という方式を採っているので、どちらの速度も段違いにスピーディーになっているからです。

ヘテムルでは、レンタルサーバー内(WEBサーバーとDBサーバー、メールサーバー)すべてにSSDを採用しています。

競合レンタルサーバー会社に比べて料金が安い!

ヘテムルには『ベーシックプラン』と『プラスプラン』のふたつがあります。

料金としては、、、

ベーシックプランなら、12ヶ月利用で月額800円。

プラスプランなら12ヶ月利用で月額1,800円。

レンタルサーバーのなかではかなり金額的に安いレンタルサーバーの部類に含まれると思います。

ふたつのプランの違いはSSDの容量や転送量の違いなので、運営するサイトの規模によってプランを変更すれば大丈夫ですよ。

圧倒的な高速処理モジュール版PHP採用

Webサイトでは必ず導入されているといっていいほど、PHP。

(PHPはWebサイトの言語として利用されるHTMLと親和性が高いです)

このPHPには「CGI版」と「モジュール版」という2種類があります。

ヘテムルのレンタルサーバーはモジュール版PHPを採用しています。

モジュール版PHPは、CGI版PHPと比べるとプログラムを圧倒的に素早く処理して、反応が早いです。

そしてモジュール版を使うメリットは運営サイトの“負荷が高い”・“大量の処理”をする場合に適しています。

サーバの稼働率が99%

ヘムテルは有人監視で24時間365日、稼働率99.99%を実現しています。

そのため、サーバーがトラブルで落ちたり、表示が不安定になるリスクもほぼありません。

複数サイトの運営ができる!マルチドメイン無制限

ひとつのレンタルサーバーに複数のドメインを連携させる。

ヘテムルは、上記のようなマルチドメインが無制限なので、複数のサイトを運用するときもわざわざあれもこれもとサーバーを借りなくてもOKです。

独自SSLが無料で対応

独自SSLはセキュリティの観点からとても大切です。

ヘムテルなら『Let’s Encrypt』に限って無料SSLを採用しています。

だから最低限のSSL化であればお金をかけずにできます。

なお、もっと厳密なSSL化に対応させたい方もクイック認証SSL、企業認証SSL等さまざまなSSL化に対応していますよ。




ABOUTこの記事をかいた人

集客デザインでは、明日から使える集客のアイデアを続々と発信しています。ターゲット業種は多種多様!飲食店、美容サロン、スクール、士業、クリニック、ショップなどなど。多くの経営者や集客担当の方々に益になる情報を執筆しています。 また掲載カテゴリーはSNS集客、ブログ集客、イベントセミナー集客、クーポン・アプリ集客、ホームページ集客、MEO対策、リピート集客を軸で書いています。