エアレジの評判・口コミ大公開!【デメリットや導入費用も】

こんにちは、集客デザインです。

今回は”エアレジの導入”を検討中の方に向けた記事をご用意しました。

相談者
【相談内容01】スマレジの生の口コミとか評判を知りたい!
【相談内容02】スマレジのメリットとデメリットをピックアップして教えて欲しい!
【相談内容03】スマレジの費用・値段をざっくりとでもいいから知りたい
集客デザイン編集部
今回の記事はエアレジについて、かなり詳しく説明しています。スマレジの名前だけ聞いたことあるという方や、ある程度スマレジのことを知っている方にも有益なコンテンツになっていると思うのでぜひお時間があれば読んでみてください。

※有名な“スマレジ”と“ユビレジ”の評判・口コミを紹介している記事も書います。合わせて読んでもらえると幸いです。
スマレジとは?スマレジの評判を厳選13個、お届けします!
ユビレジの評判・口コミを一挙にまとめ!【すべてリアルな声です】

コンテンツ

エアレジのリアルな評判・口コミ

それではエアレジの評判・口コミをみていきzましょう。

評判・口コミ01.タブレット型のPOSサービスの中でも抜群の人気!

評判・口コミ02. 固定式レジスターよりも断然、安く導入できる!

評判・口コミ03. 全体のデザインがカッコよくてポジティブな印象!

評判・口コミ04.操作に慣れてしまえば、簡単に使いこなせる

評判・口コミ05.エアレジの専用アプリが使いやすい

評判・口コミ06.顧客登録とメニュー登録が大変

以下にて説明を加えていきましょう。

評判・口コミ01.タブレット型のPOSサービスの中でも抜群の人気!

エアレジは最近すごく人気が高まってきています。

エアレジは年々顧客数を伸ばし、2019/3月末で顧客数は40万人を超えました。

客層としては小売店や飲食店が中心で、『レジ機能が無料で使える!』というのが、おそらく人気が出てきた秘訣でしょう。

あとクレジット決済サービスエアペイを導入すれば、クレジットから電子マネー、ポイント、QRコード決済まで幅広い決済サービスを導入することもできますよ。

評判・口コミ02.固定式レジスターよりも断然、安く導入できる!

エアレジは“費用を抑えてPOSレジサービス”をスタートさせたい方にとってはすごくオススメです。

具体的な費用については後ほど説明しますが、基本的なレジ機能だけをお店に導入したい方は、iPadを持っていれば“5万”で済ますことができます。

なお、あくまでこの金額は個人店に限っての話です。チェーン店の場合はそれぞれのお店に

評判・口コミ03.全体のデザインがカッコよくてポジティブな印象!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

佐藤洋菓子店さん(@satoyougashiten935)がシェアした投稿

こちらはタブレット型のPOSレジサービス全般に言える事ですね。

シンプルなデザインで、無駄な付属部分を削ぎ落とした感じ、やはりおしゃれでカッコいいですよね。

無駄なスペースは取りませんし、かさばらないし、重量感もなくコンパクト。

エアレジの評判・口コミを調査していて、いくつか発見したのですが、エアレジを導入したお店では「あら、かっこいいわね」とお客さんから言われる事がよくあるそうですよ。

評判・口コミ04.操作に慣れてしまえば、簡単に使いこなせる

アルバイトやパートの人に仕事を教えるときに、結構な時間がかかるのがレジ打ちの練習。

でもエアレジは“iPad”と“iPhone”の端末を利用するので、日頃から操作に慣れた人であれば、上達や覚えも早いです。

評判・口コミ05.エアレジの専用アプリが使いやすい

エアレジの操作性に一躍かっているのが、エアレジのアプリの使い勝手の良さです。

例えば、会計画面。

iPadであれば、


出典:エアレジ公式HP

iPhoneであれば


出典:エアレジ公式HP


出典:エアレジ公式HP

と、なんとも見やすいデザインですよね。

あと実際にアプリを触ってみれば分かると思いますが、とにかく動きがスムーズで、全くストレスなく触れます。

実際にAirレジにエアレジを触りたい!そんな方は、全国のビックカメラで専門販売員のサポートのもと、レジ業務を体験することができますよ。

■エアレジサービスカウンター設置場所

ビックカメラ札幌店

ビックカメラ有楽町店

ビックカメラ新宿東口店

ビックカメラ赤坂見附駅店

ビックカメラ藤沢店

ビックカメラ新潟店

ビックカメラ浜松店

ビックカメラ名古屋駅西店

ビックカメラJR京都駅店

ビックカメラなんば店

ビックカメラ岡山駅前店

ビックカメラ広島駅前

ビックカメラ天神1号館

ビックカメラ鹿児島中央駅店

コジマ×ビックカメラ那覇店

評判・口コミ06.顧客登録とメニュー登録が大変

ひとつ、ネガティブな評判・口コミもご紹介しておきましょう。

エアレジを導入して最初の関門になってくるのが、顧客登録や商品登録ですね。

お店で取り扱っているメニューが豊富であればあるほど、登録するのに、ものすごい時間を割くことになってしまいます。

でもエアペイの場合、商品件数1,000件未満であれば、エアレジの『テンプレートファイルに商品情報を入力』していけば、一括の登録と編集が可能になります。


出典:エアレジ公式HP

手入力していかなければならないので、大変なことは大変ですが、一つの画面からすべての商品登録ができるので、多少は作業効率は高くなりますよ。

顧客の登録方法が知りたい方は、こちらから確認してください。

エアレジのメリットは?

ここまでの記事をしっかりと読んだ方は、なんとなくエアレジのメリットについて感じとってもらえたと思います。

そこで以下にておさらいの意味を込めまして、改めてエアレジのメリットについてまとめていきましょう。

・スマホ・タブレットがあればレジ機能が“無料”で利用可能

・在庫管理・売上分析・顧客管理などが一気通貫でできる

・ストレスのない直感的な操作性

・持ち運び可能で、場所を選ばずに使える

・飲食店・小売店には魅力あり!

それでは以下で詳しくみていきましょう。

メリット01.スマホ・タブレットがあればレジ機能が“無料”で利用可能

エアレジの魅力は何と言っても、費用を抑えて、手軽にすぐ始められるところです。

もし皆さんがiPhoneやiPadがあるなら、エアレジの専用アプリをインストールすれば、“無料”で導入することができます↓↓


出典:エアレジ公式HP

ただお客さんにレシートを渡したい!という方には、『iPad+レシートプリンター』↓↓


出典:エアレジ公式HP

がおすすめの組み合わせです。(現金を利用する場合、現金管理は別で行います)

そして、もし皆さんがiPadを持っていたいら、かかる費用は

レシートプリンター=約36,900円

のみです。(レシートは無くなり次第、別途レシート用紙が必要)

ただ、現金の管理が心配な方は、

キャッシュドロア=約7980円

をプラスで用意するようにしましょう。(それでも50,000円は切りますよね)

メリット02.在庫管理・売上分析・顧客管理など、一気通貫でできる

これまでは固定型のレジスターでお会計をして、在庫管理や顧客管理は別に記帳をしたり、管理システムを入れたりするケースが多かったですよね。

エアレジなら、経営に関わるあらゆる管理をタブレットの画面越しに操作・チェックすることができます。

例えば、

○一日の売上

○注文確認・履歴確認

○商品・メニューの追加

○客単価

○在庫数

○来店した顧客情報一覧

○出入金の確認

これらをエアレジのログイン画面からAirIDとパスワードを入力して、管理画面上に入れば、確認することができます。

また飲食店や小売店さんには、かなりメリットになることですが、エアレジなら

○リアルタイムで売上を確認できる

○定期的な商品・メニュー変更ができる

○随時、価格変更もできる

これらを簡単に編集することもできますよ。

メリット03.ストレスのない直感的な操作性

“直感的で使いやすい操作性”は、Webアプリケーションを作成する上でもっとも求められるものです。

エアレジは一言でUI(ユーザーインターフェイス)に優れており、

クリックボタンの見やすさ

タップのしやすさ

反応がスムーズ

などが他のタグレット型のPOSサービスよりも際立って優れています。

ユーザーがアプリを快適に触れること、閲覧できルること。つまり、エアレジは操作性・デザイン性がピカイチと言ってよいでしょう。

なので、初めて使うスタッフもすぐに使いこなすことができますよ。

メリット04.持ち運び可能で、場所を選ばずに使える

エアレジは、POSレジを持ち運びが気軽にできるので、利用するシーンを選びません。

従来までは、ドロアー付きの重いレジスターを持ち出さなくてはならなかった、、、

でも、エアレジならタブレットやレシートプリンターなど最低限があればレジ機能を果たすので、

■野外物販

■移動販売

■ポップアップストア

などさまざまなシチュエーションで利用することができます。

メリット05.飲食店・小売店には魅力あり!

エアレジは多くの導入事例がありますが、そのなかでも飲食・小売の数がとても多いです。

このことを解釈するなら、飲食店・小売店にとって、エアレジは費用面や使い勝手面で“メリットが高い”からこそ、選べばれているとも言い換えられますよね。

どんなジャンルのお店が登録しているかというと、、、

ダイニングバー・バル

居酒屋

風呂屋

ホテル

レストラン

梨園

日本料理

イタリアン料理

写真屋

整体・整骨院

コーヒーショップ

があり、店舗展開も多くて5〜6ほど。

基本は1店舗のみエアレジを導入しているお店が多いです。

エアレジのデメリットは?

これまではメリットについて触れてきましたが、この章では、エアレジのデメリットについて説明していきますね。

デメリット01.ネット環境が整っていなければ利用できない

デメリット02.通信状況に左右される

デメリット03.操作に慣れていないと最初の登録に時間がかかる

デメリット04.複数店舗の登録ができない

デメリット05.1カテゴリーにつき100件しか商品紐付けができない

以下にて詳しくみていきましょう。

デメリット01.ネット環境が整っていなければ利用できない

エアレジはタブレット端末型のPOSシステムなので、屋内・屋外関わらず、ネット環境がなければ使用できません。

つまり、

・SoftBankなどのキャリアの通信回線

・Wi-Fi通信

のどちらかを整えなければなりません。

ネット環境に左右されるというのは、そのほかの固定式のレジスターに比較するとデメリットと言えるでしょう。

デメリット02.通信状況に左右される

そして、契約したキャリアの回線の良し悪しによって、処理速度の早い/遅いが出てくるのもデメリットです。

例えば、人が混雑して、通信状況が悪くなってしまった場合。

会計時に突然、画面が動かずに固まってしまう可能性もあります。

また、移動販売や出店を電波の届きにくい山奥で行った場合にも、通信障害などでフリーズすることもあります。

デメリット03.操作に慣れていないと最初の登録に時間がかかる

こちらは先ほどの評判・口コミの章でも触れましたが、エアレジは“導入した後の商品登録”に結構な時間が取られます。

特にスマホ・タブレットを操作したことのない人にとっては、ある意味、苦痛な作業と言えるかもしれません。

しかし、以下の評判・口コミにもあるように、

お店の店長が自ら作業をしなければならないというわけではなく、出来る人や得意な人に、お願いして商品登録を任せるというのもひとつの手といえるでしょう。

デメリット04.複数店舗の登録ができない

エアレジはひとつのアカウントを取得しても、1店舗でしか利用できません。

とはいえ、エアレジの公式HPにはひとつのアカウントで複数の店舗を追加して管理できる方法がのっており、その条件として、

・自身が運営する店舗と同一の法人に限り

・すでに運営している店舗と同一の法人に限り

という表現がなされています。

もしこれらに該当しないのであれば、店舗ごとにアカウントを取得して、エアレジを使えるようにするしかありません。

デメリット05.1カテゴリーにつき100件しか商品紐付けができない

エアレジは『1カテゴリーにつき100件の商品紐付け』という上限があります。

そのため、飲食店とか美容院とか商品点数が少ないお店であれば、十分かもしれませんが、1つのカテゴリーにつき紐付ける商品点数が多い物販系のお店だと、全て登録することができません。

なお、エアレジの商品登録の仕組みについて触れておくと

【上位】カテゴリー(串焼き)※登録上限数200件(紐付けは1カテゴリー100件分の商品)
【中位】商品(ハツ串・かわ串・ソーセージ串)※登録上限数10,000件
→→【下位】バリエーション(塩・タレ)※ひとつの商品につき、上限30件登録

と分けることができます。

エアレジの導入費用

エアレジはiPadまたはiPhoneがそろっていれば、エアレジアプリをインストールして使うだけなので、基本的なレジ機能はすべて“無料”で使えることができます。

なので当然、以下の料金も0円です。

■初期費用

■月額費用

■システム費用

ただPOSレジをもっと効率的に、スムーズに使いこなしたい方には、“周辺機器”を導入することをおすすめします。

エアレジの周辺機器の費用

ここではエアレジの周辺機器の費用について説明していこうと思います。

iPadとiPhoneも周辺機器の費用に含まれることがありますが、キャリアや利用状況によって値段が変わってくるので、ここでは紹介せずにおきます。

キャッシュドロア→費用7,980円〜

レシートプリンター→費用36,900円〜

プリンター一体型キャッシュドロア→費用54,800円〜

バーコードリーダー→費用34,800円〜

以下に詳しくみていきましょう。

キャッシュドロア→費用7,980円〜

キャッシュドロア(ドロア) とは、現金を保管しておく場所。

つまり紙幣や硬貨などを分別して、手元で“現金管理”するために必要な機器です。

スマレジのキャッシュドロアはタブレットと連携しているので、自動で開閉します。

詳しくはエアレジのキャッシュドロアを参考にしてください。

レシートプリンター→費用36,900円〜

レシートプリンターとは、そのままお会計の概要をレシートに印字するプリンターですね。

スマレジのレシートプリンターは2種類あって、

据置きタイプ

モバイルタイプ

があります。価格的にはモバイルタイプの方が安いですが、野外で営業せず、ほとんど屋内で営業することが多いなら、据置きタイプがおすすめです。

詳しくはエアレジのレシートプリンターを参考にしてください。

プリンター一体型キャッシュドロア→費用54,800円〜

プリンター一体型・キャッシュドロアとは、ドロアのなかにレシートプリンターを内蔵されてるタイプですね。

その分、値段がはりますが、上記の2つよりもこのタイプがもっとも使い勝手がいいことは間違いありません。

なかには

レシートプリンター+キャッシュドロア+バーコードリーダー

これらが全て一体化した製品もありますよ。

詳しくはエアレジのプリンター一体型キャッシュドロアを参考にしてください。

レシートロール→費用800円〜

レシートロールは、レシートを発行するなら必須の備蓄品ですね。

3巻〜50巻の商品が売っており、種類も豊富です。またレシートロールも

据え置きプリンター用

モバイルプリンター用

とがあるので、購入する際には注意しましょう。

詳しくはエアレジのレシートプリンターを参考にしてください。

バーコードリーダー→費用34,800円〜

スマレジには、バーコードリーダーが単品で売っています。

でも個人的には、単品でバーコードリーダーを買うくらいなら、『バーコードリーダーとレシートプリンターとキャッシュドロアとが一体になった商品→64,800円(税抜)』を購入したほうがいいでしょう。

詳しくはエアレジのバーコードリーダーを参考にしてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はエアレジの評判・口コミを中心として、メリット・デメリットなどなど、いろんなお話をしてきました。

以下に本日ご紹介して内容を改めてご紹介しておきましょうか。

エアレジのリアルな評判・口コミ
→評判・口コミ01.人気が高い
→評判・口コミ02.安く始められる
→評判・口コミ03.デザインがカッコイイ
→評判・口コミ04.すぐに使いこなせる
→評判・口コミ05.アプリが使いやすい
→評判・口コミ06.登録が大変

エアレジのメリットは?
→メリット01.レジ機能が“無料”で利用可能も
→メリット02.多くの営業管理をまとめてできる
→メリット03.ユーザビリティに優れている
→メリット04.利便性が高い
→メリット05.飲食店・小売店におすすめ!

エアレジのデメリットは?
→メリット01.ネット環境が必要
→メリット02.通信状況が整っていなければならない
→メリット03.最初の登録につまづく可能性も
→メリット04.複数店舗の登録が不可能な場合あり
→メリット05.1つのカテゴリーに100件のみの商品紐付け

エアレジの導入費用

エアレジのデメリットは?
→エアレジの周辺機器の費用
→キャッシュドロア=費用7,980円〜
→レシートプリンター=費用36,900円〜
→プリンター一体型キャッシュドロア=費用54,800円〜
→バーコードリーダー=費用34,800円〜

集客デザイン編集部
エアレジはレジ作業だけでなく幅広い業務をこなすことができます。売上管理、在庫管理、顧客管理などなど。
このような面倒な作業をまるっと効率化することで、生まれたたくさんの時間を、”集客”という問題を考えるのにあててください。かならず大きな成果としてかえってくるはずですよ

合わせて読みたいPOSサービススマレジ!

スマレジとは?スマレジの評判を15個お届け!【導入検討者必読】

2019年9月30日

合わせて読みたいPOSサービススマレジ!

ユビレジの評判・口コミを一挙にまとめ!【すべてリアルな声です】

2019年10月2日




ABOUTこの記事をかいた人

集客デザインでは、明日から使える集客のアイデアを続々と発信しています。ターゲット業種は多種多様!飲食店、美容サロン、スクール、士業、クリニック、ショップなどなど。多くの経営者や集客担当の方々に益になる情報を執筆しています。 また掲載カテゴリーはSNS集客、ブログ集客、イベントセミナー集客、クーポン・アプリ集客、ホームページ集客、MEO対策、リピート集客を軸で書いています。